モンローウィンクに副作用はありますか?

モンローウィンクに副作用はありますか?

モンローウィンクを使うと、まつ毛が丈夫になって抜けにくくなったり、ハリやコシ、ツヤが出て、華やかな目もとを叶えることができます。

 

眉毛の育毛にもOKで、実際にまつ毛と眉毛の育毛に活用している人も多くいるほど。

 

安全性にも信頼が持てるモンローウィンクなのですが、使うことで副作用が起きるのか…!?といった点がちょっぴり心配。

 

ここでは、モンローウィンクの製法や特徴、配合成分から、副作用についての詳細を検証してみました!

 

モンローウィンクの配合成分は安全?

モンローウィンクの公式サイトには、配合されている成分をしっかり記載しています。そんななか、10個もの添加物フリー処方であることが判明!

 

モンローウィンクは、目もとに負担をかけてしまう、

 

防腐剤(パラベン、フェノキシエタノールなど)
エタノール
オイル
石油系海面活性剤
合成香料
合成着色料
鉱物油
酸化チタン
酸化鉄
紫外線吸収剤

 

を一切配合していません。

 

まつ毛美容液は、多くが添加物を含むことが多く、この成分によって目もとがかぶれたり、お肌がダメージを受けたりすることがあるんです。

 

10種の無添加だから副作用の心配はナシ

モンローウィンクは、まつ毛を伸ばしたり、保湿したり、肌荒れを防ぐ成分のみで製法されています。

 

紹介した無添加が10種もプラスされているので、副作用の心配はなく、安全性に優れていることがわかりますね。

 

モンローウィンクにUPされている口コミをチェックしてみても、重大な副作用があったという報告は見つかりません。

 

そのため、安心・安全に使用できるまつ毛美容液であることがわかります。

 

モンローウィンクで目もとがかぶれたら?

低刺激で安全な製法をしていることが、公式サイトにも大きくUPされているモンローウィンク。使用中にもし目もとがかぶれてしまったら、次のような原因が考えられるかも…。

 

目もとが肌荒れしている

モンローウィンクが原因ではなく、他の化粧品によって目もとがかぶれていたり、紫外線ダメージを受けているときは、まつ毛美容液が刺激になってしまうことがあります。

 

間違った使い方

モンローウィンクは、洗顔後など、目もとが清潔な状態で使用することを推奨されています。

 

メイク中や化粧水を塗った後などにモンローウィンクを使うと、メイクや化粧品などの成分に過剰な反応をしてしまい、目もとがダメージを受けやすくなります。

 

おわりに

安心・安全な処方で低刺激のモンローウィンク。副作用の心配はないものの、使い方や肌質によってはダメージを受けてしまうこともあるんですね。

 

モンローウィンクの正しい使い方を見直したり、成分チェック、お肌コンディションをしっかり確認しておけば、トラブルなくマツ育ができるようになります。

 

⇒ モンローウィンクを速攻理解!口コミと効果のシンプルまとめ

モンローウィンクの詳細はこちら

モンローウィンクの口コミ評価

page top